our definition 2

Revit ≠ BIM

BIMは建設業務の生産性を向上させる目的であり、手段にとらわれずにトータルでBIMを支援する

BIMは建設業における生産性を飛躍的に向上させるための業務改革の一つの手法です。
BIMソフトを購入し使い始めたら完成するものではなく、BIMを構築するためにどの様な技術を組み合わせるかが重要となります。
業界でBIMの共通認識や標準化を決めることは重要ですが、お客様にとってBIMの正解は一つではないはずです。
どの様な業務を、どの様な技術で変えていくか?その中で、一人一人が何をすべきか?
その答えを正確に導き出すことがBIMを成功に導く重要な要素ではないでしょうか?
わたしたちの”to BIM”サービスは、BIMを成功に導くための要素を5つのメニューに集約して提供するトータルサービスです。

5つのメニューでトータルサービスを提供

お客様ごとのBIMを成功に導くために、5つのサービスを組み合わせることで、お客様ごとのBIMをトータルで支援します

システム開発 System Integration

個別のニーズに合わせたBIMの実現のために

BIMの効率を高めるためのお客様ニーズに応じたシステムやツールの提案および開発を行うサービスです。

導入サービス Implementation service

スムーズなBIM導入のために

BIM運用の課題抽出から解決手段の提示およびトレーニングなど導入の効率化を行うサービスです。

活用サービス Utilization Service

BIMを最大限活用するために

IoT、AR/VR、AIなど最新技術を活用したシステム連携による”Connectet BIM”の支援を行うサービスです。

BPOサービス BPO service

BPOを活用した業務効率化のために

お客様毎の効率的なBIMのプロセスを構築し、BPOを利用することでリソースの最適化を図るサービスです。

システム提供 Service Provide

建設業界の高度化のために

建設市場に向けたBIMの支援サービスや効率化ツールなどの提供をお客様と一体になって行うサービスです。