AULV2018 series03:2日目☆

Autodesk University Las Vegas 2日目。

 

初の海外出展だったForge Villageが大盛況で終了し、肩の荷が下りたじゅんこ姉さん。

一晩寝てもおフランスからの招待は来てませんでした。。。

がっかりする暇もなく、今日はセッションに集中しなければ!

 

まず最初に受講した「SD226781 – Advanced Techniques for Using the Forge Viewer」のセッションでは、モデルの外観変更やアニメーション化等のForge Viewerを使った最新技術についての説明があり、それを応用したデモサイトがたくさん紹介されてました!

モデル上でグラフ表示をしたデモです。これを使えば、IoTセンサーと連携したシステムなども、もっとリッチで分かりやすい構成にできそうです。モデルとグラフの連携って使用シーンが多くありそうなので、今後のシステム開発には積極的に使って行きたいですね!

 

こちらはアニメーション化です!この技術は弊社のクレーンシミュレーションでも使用しています☆

モデルに動きを与えることができるので、コミュニケーションやシミュレーションなどBIMデータの活用範囲が広がります。これは、じゅんこ姉さんの得意な手法の一つなんですよね!だって、止まっているより動いている方が楽しいじゃないですか?

 

そして続くセッションは、AU General Sessionです!

オープニングはまるでコンサートのようで、気持ちが一気に高まります。こんなオープニングは今まで体験したことがなく、アメリカのショービズって凄いなって思ってしまいました。

Autodesk CEO Andrewさんは、「more」「better」「less」という3つのキーワードで分かりやすいメッセージを発信していました。

more : CREATIVE / AUTOMATION / OPPORTUNITIES

better : PERCEPTIVE / INFORMED / SUSTAINABLE

less : TIME / RISK / WASTE

うーん、シンプルですが非常に心に残るコンセプトですね(´-`).。oO( 辞書をひきまくっていたのは内緒ですが。。。

じゅんこ姉さんのForge もシンプルで分かりやすいコンセプトで作っていくぞ!と決意を新たにしました。

 

さらに、さらに、なんと、なんと、General Sessionの締めくくりにAndrewさんが仰ったのは!!!

General Sessionの締めくくりにAndrewさんが仰ったのは!!!

「Forgeは一番重要な技術だ!!!」

えーーーーー!そうなんだぁーーーーー!わぁーーーーぃ!

Forgeエンジニアのじゅんこ姉さんは、感動して、Forgeへの情熱が益々高まりました!頑張るぞ٩( ‘ω’ )و

 

また、その他にもPublic Beta版がリリースされたInventor対応とRevit対応のDesign Automationで出来る事やそれを使用したデモを紹介するセッションもありました!

リリースされたらあんな事やこんな事やってみたいと思ってましたが、それらが実現出来そうです♪( ´θ`)ノ

いろんなセッションを聴いたりいろんなForge開発者やBIMに携わる方々と話していると、私たちの「to BIM」が考えているForgeでの構想や課題等は世界共通なんだなぁと実感できました。この場で培ったネットワークを最大限に活かして、日本のForgeのトップランナーを目指して頑張ります!

(´-`).。oO( Forgeのトップランナー外伝って企画してみようかな

 

以上、夕食は、控えめにハンバーガーとチョコレートシェイクを頼んだら、またまたじゅんこ姉さんの顔より大きくて開いた口が塞がらないじゅんこ姉さんでした(´・_・`)